架空請求に支払督促申立書を使う手口がある

No Comments

急に我が家に支払督促が届いて、すっかり混乱してしまいました。
特に借金しているというわけでもないですし、何かの支払いを
滞納しているという心当たりも全くなかったので…。
せいぜい、うちにあるのはマイホームローンの支払いくらいですが
それも特に支払いが遅れたこともなく、むしろ、前倒しで繰り上げ返済してるくらいですからね。
何かの間違いでは?と思ったら本当に間違いでした。
いや、人を間違えてうちに届いたとかじゃなくって、正確には
いわゆる支払督促詐欺っていうやつですね。
特に債権者でもなんでもない相手から突如こういった支払督促が
届くことがあって、それに焦った人が心当たりなくっても支払ってしまうという
詐欺の手法があるらしいんですよ(^_^;)
特にわかりやすいのがメールやハガキなんかの全然支払督促の様式を
なしていないようなものらしいのですが、うちに届いたのは一応、封書の形式では
ありましたけども、裁判所から届いたものではなかったですし、それに何より
ちゃんとした支払督促ならば同封されているはずの異議申立書が同封されてなかったんで
これは偽物だと見ぬくことができたんですけどね。
でも来てすぐは本当に慌てしまいましたし、ネットでちゃんと調べなければ
見抜けなかったかもしれないと思うと怖いなぁと思います。
こういうのはダイレクトメールと同じで反応したらまたなんか送られてくるので
とりあえず無視しておくのが一番ですよね。
ただ、本当にちゃんとした支払督促の場合は無視していたら、記載されている
滞納金に異議なしということが正式に認められてしまって、その後、強制的な
差し押さえもすることも合法となってしまいますので、その場合は無視せずきちんと
対応することだ大事なんだそうです。
異議申立書を裁判所に提出して、きちんと債権者と支払いについて
協議をして支払う計画をたてることになるそうで、無理の無い範囲を
債務者のほうから答弁書として提出したものを元にするようです。
裁判所っていうと身構えてしまう人が多いと思いますが、
法廷に立たなければいけない時間は限られているそうで協議自体は別室で
行われるということで、そこまで心配する必要はないようですね。
こういったことも以前から知っていたというわけではなく、
ニセの支払督促申立書が届いてから慌てて調べたことなんですけども、できれば
もし、そんなときも慌てずに済むように、事前に知っておくほうがいいかと思います。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です