架空請求に支払督促申立書を使う手口がある

No Comments

急に我が家に支払督促が届いて、すっかり混乱してしまいました。
特に借金しているというわけでもないですし、何かの支払いを
滞納しているという心当たりも全くなかったので…。
せいぜい、うちにあるのはマイホームローンの支払いくらいですが
それも特に支払いが遅れたこともなく、むしろ、前倒しで繰り上げ返済してるくらいですからね。
何かの間違いでは?と思ったら本当に間違いでした。
いや、人を間違えてうちに届いたとかじゃなくって、正確には
いわゆる支払督促詐欺っていうやつですね。
特に債権者でもなんでもない相手から突如こういった支払督促が
届くことがあって、それに焦った人が心当たりなくっても支払ってしまうという
詐欺の手法があるらしいんですよ(^_^;)
特にわかりやすいのがメールやハガキなんかの全然支払督促の様式を
なしていないようなものらしいのですが、うちに届いたのは一応、封書の形式では
ありましたけども、裁判所から届いたものではなかったですし、それに何より
ちゃんとした支払督促ならば同封されているはずの異議申立書が同封されてなかったんで
これは偽物だと見ぬくことができたんですけどね。
でも来てすぐは本当に慌てしまいましたし、ネットでちゃんと調べなければ
見抜けなかったかもしれないと思うと怖いなぁと思います。
こういうのはダイレクトメールと同じで反応したらまたなんか送られてくるので
とりあえず無視しておくのが一番ですよね。
ただ、本当にちゃんとした支払督促の場合は無視していたら、記載されている
滞納金に異議なしということが正式に認められてしまって、その後、強制的な
差し押さえもすることも合法となってしまいますので、その場合は無視せずきちんと
対応することだ大事なんだそうです。
異議申立書を裁判所に提出して、きちんと債権者と支払いについて
協議をして支払う計画をたてることになるそうで、無理の無い範囲を
債務者のほうから答弁書として提出したものを元にするようです。
裁判所っていうと身構えてしまう人が多いと思いますが、
法廷に立たなければいけない時間は限られているそうで協議自体は別室で
行われるということで、そこまで心配する必要はないようですね。
こういったことも以前から知っていたというわけではなく、
ニセの支払督促申立書が届いてから慌てて調べたことなんですけども、できれば
もし、そんなときも慌てずに済むように、事前に知っておくほうがいいかと思います。

Categories: Uncategorized

債務整理すると借金がチャラになる日本の制度

No Comments

友達に誘われた海外旅行の費用が足りなくて、
消費者金融でお金を借りたのが私の借金のはじまりでした。
最初は借金することに抵抗があったはずなのですが、一度借りてしまうと
その気持ちもなんだか薄れてしまい、
「うまく付き合っていけば大丈夫」
などと思って、自分では計画的に借りているというつもりでまた何度もお金をかりてしまいました。
そうなるとクレジットカードでのリボ払いでのショッピングなども
平気で使うようになり、目に見えない借金ということもあって、なんだか
自分自身のお金を使っているような錯覚に陥ってしまったのです。
そうなってしまうと、どんどん使う額も頻度も増え、最終的には
限度額いっぱいにまで使ってしまうようになりました。
しかし、その頃にはもう借りたお金を前提とした生活をすることに
慣れきってしまっていたので、そのお金なしでやっていくことがとても
辛い状態になってしまっていました。
その時点で反省できればよかったのですが、ついつい甘えてしまい、
他のカードを契約しては借金し、ということを繰り返しました。
そして、何社からか借りて、総量規制のいっぱいまで借りてしまうと
いよいよもうお金が借りれなくなります…。
新規でお金が借りれなくなると、借金の返済のお金もないという状態になっていた私は
闇金に手を出そうかどうしようかと思ったタイミングで、司法書士事務所に
勤める友人に止めてもらうことができて、なんとかそこで問題拡大を食い止めることができました。
本当にその友達には感謝してもしきれませんね(^_^;)
とはいえ、多額すぎる借金をごく普通のOLである私が払いきれるはずもなく、
友達の勤める司法書士事務所の司法書士さんを紹介してもらい、
自己破産手続きをお願いすることになりました。
正直、自分には財産らしい財産もなかったので、自己破産を選んだほうが
すぐに生活をリセットしてやり直しがしやすいだろうという判断です。
って、もちろん、私の判断ではなく司法書士の先生の判断ですけどね。
私じゃ法律的なことなんてちんぷんかんぷんですから。
破産管財人だとか、自己破産決定調停呼出だとか正直、いままで聞いたことなかったよ~なレベル。
友達の働いていた司法書士事務所がこういう破産手続きのエキスパートみたいな
専門にしてるとこで本当よかったです。
これでお金を返済しなければならないということはなくなりましたので
これからは心を入れ替えてつましく生きていこうと思っています。

Categories: Uncategorized

闇金専門の弁護士は何故強気なのか?

No Comments

社会人になってあったら便利かなと何の気はなしにクレジットカードを作ったのですが
これが便利すぎて私にはあっていないものでした。
基本的に、普通の人ならクレジットカードの利用は一括払いで使うくらいってことが
多いんじゃないかって思うんですけども、私はついついリボ払いを利用してしまったんですね。
リボ払いってどんどんクレカ払いを利用したとしても、返済額は変わらないので
返済に困るという借金の自覚がないままにどんどん使ってしまうんですよね。
そしてやがて限度額いっぱいにまで借りきってしまうことに。
でも、その頃には自分の収入だけのお金だけで生活することができない体に
なってしまっていたのです…いわゆる生活水準を落とせないってやつです。
しかし、新規で他のところからお金を借りようと思っても、すでに1社から
限度額いっぱいになるまで借りてしまっている私だと、収入も低いこともあって
銀行はもとより、消費者金融ですらなかなか審査に通りませんでした。
そんなときに、友達も借りているということで勧められた闇金に手を出してしまったのです。
闇金とは思えない丁寧な対応に安心してしまって、一度借りたのが運の尽き…。
リボ払いの利息も高いということで有名ですが、そんなのとは比較にならないくらい
闇金の金利は高くて高くて…。
返済額も一気に大きくなってしまい、自分が贅沢な生活したいためにお金を
借りたはずが、借金の返済のために借金をするようになってしまうまで
全く時間はかかりませんでした。
友達に誘われた手前、債務整理をしては友達にも迷惑をかけてしまうのではないかと
心配しましたが、このままではダメになってしまうと腹をくくって、弁護士に
ヤミ金被害の相談をすることになりました。
ヤミ金相談になれた弁護士事務所を選んだせいもあり、一度相談しにいくと
その後は債務整理のための手続きや交渉はトントン拍子にすすみました。
やはり、ヤミ金業者は違法な金利をとっているわけですから、当然のように
過払い金が発生しているので、それの話をつけてもらえたことが大きいです。
同じ弁護士といっても、闇金専用でやっていない事務所だと、相談にいっても
すぐに動いてもらえなかったり、満足のいく解決が得られなかったり
あるいは専門にしている他の弁護士を改めて紹介するという形になったりするので
できるだけ早く的確に問題を解決したいと思っている闇金利用者からしては
かなりじれったいことになると思うので、ヤミ金問題相談室などの
インターネットのまとめサイトやナビゲーションサイトなどを利用して
ふさわしい弁護士事務所を探すことが大事だと思います。

Categories: Uncategorized

恐ろしい闇金の手口と相談先紹介します

No Comments

勤め先をリストラされてしまい、路頭に迷うことになった私。
当然、しばらくは失業保険が出ていましたが、それが出なくなる前に
新しい勤め先を探すことができず、生活費にも困るようになりました。
生活費に困っても、お金を借りようとしても、まともな収入のない私に
お金を貸してくれるようなまともなところはほとんどありません。
それで、ついついヤミ金融でお金を借りてしまったのです。
もちろん、全く収入のないままではお金の利息分の返済すら
ままなりませんから、すぐにはじめられるバイトはやりはじめましたが
当然それだけではどうにもならなくて生活はジリ貧になる一方でした。
そして闇金の怖い手口がはじまりました。
一度返済を滞納してしまってからは、元本分はいいから利息だけでも支払えと
言われて、利息の支払いだけをするようになってしまいました。
少しでも返済額が減らないと、生活がキツイので、それも最初はありがたく
思っていましたが、その生活を続けても、当然のことながら収入がとても
増えるといったことがないかぎりは生活はよくはなりませんし、
元本も減っていかないのですから同じだけの利息の支払いが延々と続いてしまうのです。
闇金の高い利息では、すでに借りた分以上の利息の支払いをしているにも
かかわらず、借金から逃れることができない…本当に終わりの見えない借金地獄でした。
こういった生活を続けていると精神的に疲弊していきます。
リストラされた時点で、自分は価値のない人間だとすでにうちのめされていたのに
さらに、どんどん自信がなくなっていくのです。
ここまできてようやく、自分一人の手ではどうにもならない、恥を忍んで
他の人に助けを求めなくてはならないと思い、借金相談をすることにしました。
結果として、今、生きているのはその時にそうやって判断ができたからだと思います。
借金相談を司法書士事務所にしにいくことができたので、私は支払い過ぎた
過払い金返還請求をヤミ金業者相手にすることができたのです。
もちろん、ヤミ金業者相手にそのようなことをするのはやはり怖かったのですが
闇金対策専門の司法書士の先生だったためにきちんと手をうってもらえて大変頼りになりました。
これで借金問題がかなり片付き、貧しいながらもなんとか生活ができるようになりました。
もちろん、このままでは貯金もろくにできませんから、今後しっかりとした
就職をしなければならないという問題は残ってはいますが…。

Categories: Uncategorized